アミメキリン

アミメキリン

地上の動物で最も背の高い動物です。生まれたときすでに約2m、大人になると5m近くにもなります。

チャップマンシマウマ

チャップマンシマウマ

胴体やお尻の辺りのシマとシマの間に「かげシマ」とよばれる少し茶色がかったシマがあるのが特徴です。

シロサイ

シロサイ

ゾウの次に重い動物で、大人では体重が約2.5tになります。普通2〜5頭、ときには10〜24頭の群れで草原に住んでいます。

アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウ

体の色は黒く、大きく湾曲した角があります。体重は約500〜800kgになります。草原で350頭ほどの群れで生活しています。

エランド

エランド

ウシの仲間。角はほぼ真っ直ぐ頭の後方に伸び1回半ほどねじれています。大きな体のわりに身軽で、高さ2mの垣根を飛び越えます。

ムフロン

ムフロン

野生のヒツジの中ではもっとも小さく、メスはオスよりも一回り小さいです。険しい岩山などに生息し、非常に警戒心が強い動物です。

ニホンザル

ニホンザル

サルの仲間では世界中で一番北に住んでいます。発情期には顔と尻が特に鮮やかな赤色になります。群れは1頭のボスザルが支配します。

ツキノワグマ

ツキノワグマ

体は黒くて胸に三日月の白い模様があります。木登りが上手で果物やハチの巣をとります。泳ぎもまた上手です。寒い冬の間は冬眠します。

ラマ

ラマ

体全体が長くカールした毛でおおわれ、上唇はさけて首は長くカーブしています。性格おとなしく、高地草原ややぶ地に生息しています。

ユキヒョウ

ユキヒョウ

標高1800〜5000mの乾燥した寒冷地に生息。灰色の毛が長く密生していて、長い尾や足の裏も毛で覆われていて、寒さから守ります。

ヨツユビハリネズミ

ヨツユビハリネズミ

約5000本の針を背中にもち、体を丸めることによって外敵から身を守る動物です。ほかのハリネズミと違い後ろ足の指が4本しかありません。

ヒトコブラクダ

ヒトコブラクダ

砂漠地帯で砂に沈まないように平らな足や、砂ボコリを防ぐためのマツ毛や耳の毛が発達していて、鼻の穴も自由に閉じられます。

ニホンジカ

ニホンジカ

体の色は、夏は赤褐色で白い斑点があり、冬は灰色が強くなり白い斑点は消えます。4歳以上のオスは4つの枝のある角があります。

ファロージカ

ファロージカ

オスは70cmを越え、先が扁平で手のひら状になる大きな角があります。春になると角は落ち、夏から秋にかけて新しい角がはえてきます。

アメリカバイソン

アメリカバイソン

頭がとても大きく肩が盛り上がっているため、頭を低く下げたような格好をしています。短い角を持ち、毛の色は赤または黒い褐色です。

アメリカエルク

アメリカエルク

シカの仲間ではもっとも体が大きく、体高は約1m50cm、体重は約400kgになります。角はオスのみで、最大で1m75cmにもなります。

ベンガルトラ

ベンガルトラ

草の茂った湿地帯や森で生活し、水が大好きで泳ぎが上手です。シマ模様はカモフラージュに都合が良く、地面をはって獲物に近づきます。

ホワイトタイガー

ホワイトタイガー

毛の色が白く突然変異したベンガルトラです。鼻や肉球はピンク、目の色はほとんどがアイスブルーです。真っ白に近い個体も存在します。

ライオン

ライオン

ネコ科動物ではめずらしく『プライド』と呼ばれる群れを作って暮らします。狩りをするのは主にメスでチームプレーで獲物をしとめます。

ホオジロカンムリヅル

ホオジロカンムリヅル

頭の前方に黄色がかった褐色の飾り羽が扇状に生えています。ホオは白く、目の後方と喉の肉垂れが赤色でよく目立ちます。全長は約96cm。

ヨーロッパフラミンゴ

ヨーロッパフラミンゴ

長い首を曲げて上のくちばしを下側にし、水とともに口に入ったエサをこしとって食べます。子どもは親から与えられる赤いミルクで育ちます。

コンゴウインコ

コンゴウインコ

非常に派手な色をしている大型のインコ。くちばしは非常に固く、カナヅチでも壊れない硬い木の実を簡単に割ることができます。

アオメキバタン

アオメキバタン

体の色は白く、頭には角のような黄色い冠羽が生えていて、体長は約50cmほどの大型のオウムです。林や農耕地などで群れで生活します。

レッサーパンダ

レッサーパンダ

毛はやわらかくて長く、腹と手足は黒色。前足には手首の骨が変化した特殊な突起があり、これと他の指を使ってものを持つことができます。

リスザル

リスザル

尾が長く、体の背側と手足は一般に黄色または黄緑色をしてる小型のサル。様々な林で複数のオスとメスが混ざった群れで暮らしています。

ポニー

ポニー

体高1m48cm以下のウマをポニーと呼びます。ポニーは穏和な性格と小さい体から、子供の乗馬用として世界中で愛好されています。

ミニチュアホース

ミニチュアホース

世界最小のウマとして、近年人気が高まっています。体高は低いほど価値が高いとされており、70cm以下の個体も存在します。

ミニブタ

ミニブタ

トカラヤギ

トカラヤギ

鹿児島県トカラ列島原産の日本在来種。体重は20〜35kgと小型で、被毛は淡褐色、黒色を基調として白斑や黒い背線があるのが特徴。

wait...